目的
歯周基本治療を行なっても、深いポケットが残存している場合
分類
  • 歯周ポケット掻爬術
  • 新付着術(ENAP)
  • 歯肉切除術
  • フラップ手術
  • 再生療法
目的
  • 解剖学的な形態異常により、プラークコントロールの不良や歯周炎の再発が起こりやすい場合
  • 審美障害や適切な修復・補綴物の装着を妨げるような解剖学的形態異常
分類
歯周形成手術