いろいろな方法がありますが、ここではプラークの付着部位を染め出して評価するO’LearyのPCRで診査します。

プラークの付着部分染め出し写真
プラーク付着のチェック

染め出すことにより、患者さんもどこにプラークが付着しているか知ることができます。

プラークが付着している歯面をいかに磨けるようにするかが、口腔清掃指導のポイントになります。

歯肉縁下の処置(スケーリング・ルートプレーニング)に入る前に、PCRが20%以下になることを目標とします。歯周外科治療を行う必要がある患者さんは、10%以下を目標とします。