口腔内写真

歯肉の色や形態を表すことが難しい場合があります。

口腔内写真を撮影することにより、数値化しずらいデータを残すことができます。

口腔内写真

X線写真

臨床診査と並行して、X線写真も撮影します。これは歯槽骨の破壊の程度がどのくらいか判断するのみならず、う蝕(虫歯)や、根尖病巣(虫歯から進んで根の先に膿がたまる病気)など、歯周病以外にも歯に関係する疾患をみつける手助けになります。

歯肉縁下プラークから歯槽骨までの距離は約2mmです。したがって、歯肉縁下の処置を行うときに、どの程度の深さまでに器具を挿入するかの目安にもなります。スケーリング・ルートプレーニングや歯周外科治療を行うときは、プローピングのデータと共にX線を参考にします。

X線写真