全体像

歯周組織とは歯肉(しにく)、歯根膜(しこんまく)、歯槽骨(しそうこつ)、セメント質(せめんとしつ)の4つの組織を指します。

全体像の断面。上から歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨となる。

歯肉

歯肉を外観から分類すると、歯の頭に近く動く部分を遊離(ゆうり)歯肉、その下に位置する動かない部分を付着(ふちゃく)歯肉といいます。遊離歯肉と付着歯肉の境目には遊離歯肉溝があります。付着歯肉から下の動く歯肉部分の境目を歯肉歯槽粘膜境といいます。

歯肉の断面(左)と表面の写真(右)

歯肉を顕微鏡で組織学的に見ると

歯肉を顕微鏡で組織学的に見た図(左)と写真(右)

上皮は外側の見える部分を口腔(こうくう)上皮、内部の部分を歯肉溝(しにくこう)上皮、歯と接している部分を接合(せつごう)上皮といいます。

上皮についての説明断面図

歯肉線維のうち、セメント歯肉線維歯槽骨歯肉線維セメント骨膜線維はそれぞれの名前の組織をつなげています。

セメント歯肉線維、歯槽骨歯肉線維、セメント骨膜線維の図
  • セメント歯肉線維(青色)
  • 歯槽骨歯肉線維(紫色)
  • セメント骨膜線維(茶色)